祥源·花世界観光リゾートは祥源ホールディングスが自主的に開発した景城一体化シリーズのテーマプロジェクトで、祥源ホールディングスグループの都市レジャー型文旅製品の核心プロジェクトであり、祥源深耕文旅業十年余りで、文旅と都市融合の代表作を探求しています。


祥源花世界は生態をベースにして、花卉をテーマにして、花卉産業を特色として、家庭レジャー、親子教育、アウトドアスポーツ、インタラクティブ体験を主力として、地方文化に結合した都市レジャー生態観光目的地です。



合肥に位置する祥源・花世界観光リゾートは祥源花世界シリーズの初登場プロジェクトとして、祥源ホールディングスが30億元余りの資金を拠出して建設し、潭沖湖環湖に頼って建設し、「一湖・八園」の空間構造を構築し、総敷地面積は4000ムー余りである。祥源・花世界観光リゾートは花をテーマにした革新的な特色のある産業区で、安徽省の三産連動産業模範区です。




後期に、祥源花世界は産城融合を突破口とし、「旅行について旅行を話し、産業について産業を語る」という桎梏を捨て、「花卉産業+宿泊生活+文旅レジャー」を通じて、「生産、生活、生態」の三生一体、三輪駆動発展モデルを構築する。


今後、祥源花世界は徐々にガイド開発、産業集約を通じて、エリア内で産業配置を完備し、放射線によって周辺地域産業の発展を牽引し、肥西苗木の花産業を一産から三産までの構造性アップグレードし、長江デルタひいては全国範囲内の産城融合模範区となり、「産興城、城で産し、産城を集め、産城をインタラクティブにする」産城融合の実現を目指します。標識